Skip to content

今、YouTubeに訪れる一つの節目について

「YouTubeバフル」なるものが大量の参入者を呼び寄せているが、丁度、日本が本物のバブルだった1980年代。当時を語るテレビ番組で次のような話を聞いた。

「一般のサラリーマンたちが通勤電車の中で株の話を始めていた・・」

つまり、そこがピークだったのだ。

正午のサイドビジネス

YouTube界隈全体に「疲れ」のようなものを感じる。

それは、単に僕がYouTubeに飽きてしまったというだけのことだろうか? もしくは、発信する側、つまり、クリエイター側がチャンネルを運営し続けていくことに希望を見いだせないといった焦燥感と言うべきか。

クリエイターの中には、何十万もの登録者がいて十分な広告収益があるにも関わらず「将来が見えない」と不安を口にする者もいる。

トップユーチューバーと呼ばれるクリエイターたちは、多分、僕が感じているよりも具体的な問題として捉えているはずだ。動画の中では語らないが、彼らには「YouTubeバブルの終焉」が確かに見えている。

人気クリエイターがサイドビジネスに力を入れているならば、つまりは、そういうことだ。

と言っても、彼らが荷物をまとめ始めたからといって、すぐに終焉がやってくるとは限らない。彼らは、YouTubeが誰にも知られていない頃から動画を投稿してきた先駆者であり、アーリーアダプターだ。

つまり、時代を先読みする才能があり、僕たちのように安全であることが証明されてから橋を渡るタイプではない。嵐の中で船を漕ぎ出すような連中なのだ。

磨き過ぎると輝きは失われる

ダイヤは磨けば磨くほど輝くか? いや、研磨し続ければ、やがて擦り減って無くなってしまうだけだ。

クリエイターの発信するコンテンツに関しても同じことが言える。

コンテンツを作る側は、それをブラッシュアップしていくわけだが、途中から、その行為がコンテンツの質を下げてしまう場合がある。

よくあるのが、ソフトウェアの世界でニーズに答えていくうちに開発者が機能を付け足し過ぎて、操作が難解で動作の重いアプリになってしまうことがある。

凄くヒットした映画やドラマでも、パート2やシーズン2になると、途端にトーンダウンしてしまい、視聴者から辛口コメントが出るといったことはしばしば起こっている。

ブログでもそうだ。書いた文章をブラシュアップしていくうちに、結局、全く別の記事になってしまうことがある。それは磨き過ぎて原型が消えてしまったのだ。

( 実は、この記事は、HIKAKIN氏のゲームチャンネル「ヒカクラ2」について書いた記事だったが、頭から書き直したおかげでこの様だ・・)

絵画でも、音楽でも、これ以上、色を置いてはいけない、音を足してはいけないラインというものがある。

完成されたフォーマット

では、YouTubeの動画コンテンツについてはどうか?

動画はブログ記事のようにコンテンツそのものをブラシュアップするのが難しいという側面を持つ。

例えば、クリエイターは撮影した動画にテロップをつけたり、不必要な場面をカットしたりと編集を行うわけだが、ブラシュアップするとしたら、その工程だろう。

しかし、編集前の動画ファイルそのものをいじることは出来ない。それは、撮り直しを意味するから。ならば、新しい動画を撮ろうということになってしまう。

ただ、僕が言う「ブラシュアップ」とは、そのことではない。

例えば、どういった企画の動画を撮ればアクセスが見込めるか、どういったフォーマットで撮影すれば見栄えが良くみえるか、演者の振舞い方、サムネイルの作り方など、そうした動画制作のノウハウ、戦略といったものが、すでにブラシュアップされ、確立されているように見える。

発信者側とすれば、アクセスを期待するのは当然だろう。それが、アクセス重視のコンテンツ作りへとなっていく。そして、個々のクリエイターが同じフォーマットを採用し、似たようなコンテンツを量産していく。

ピークを知らせる合図

「映画の続編がつまらない」というのは一種のジンクスになっているが、それは、同じ制作スタッフが集まり、同じ技術で作られる。変化と言えば、キャスティングに新しい演者が加わるとか、誰かが抜けるとか・・

YouTubeクリエイター個々は、続編を作っているわけではない。毎回、趣向を凝らして違う動画を配信している。続編は、他のクリエイターが作るのだ。演者を入れ替えて。

面白いのは、YouTubeのAIがそれら「続編」を関連動画として、サイドバーにリストアップするという現象だ。

大手のクリエイター事務所は、そういった現象をノウハウとして蓄積している。そして、所属している可能性を秘めた若いクリエイターに次のように言う。

「トップユーチューバーのようにやれ。続編を作れ」と。

僕はここに、ピークを過ぎた映画産業が陥っている「新しい作品が生み出せない」構造が、再現されているような気がする。

それは、業界の「正午」を知らせる合図なのかもしれない。

この記事をシェア

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.