Skip to content

アマゾン配送料値上げだって、マジか!?

4月4日、アマゾンが配送料を最大5割値上げって、今日からじゃん!

購入金額が2000円未満の場合、全国一律350円が、本州、四国は400円に、それ以外は、440円。

注文から最短で届くお急ぎ便は、北海道、九州のケースでは360円が、540円に。

アマゾンと宅配業界は、輸送コストのことで、ゴタゴタがあったから、結局、アマゾンが折れたってことでいいのかな?

外資系のアマゾンが大きくなってきて、日本の宅配市場が一変してしまったと言っても、いいんじゃないだろうか。

恐るべしアマゾン。

ただ、プライム会員なので据え置きらしい。

自分は、プライム会員入ってるので、影響は無いけど、今後、会費値上げということも十分考えられるな。

もしくは、プライム会員を増やそうとしているのだろうか?

くわばら、くわばら。

アマゾン急成長し過ぎじゃない?

ついこないだも、アメリカのトランプ大統領が、アマゾンの配送を安く請け負っている郵便局が何十億ドルも損をしている。それを納税者が支払っている。みたいなことを言って、批判していたな。

他にも、トランプ大統領が、多くの小売店がアマゾンのせいで、閉鎖していると批判。

アメリカ政府が規制強化するんじゃないかってことで、アマゾンの株価が一時5%下落したりもしたようだ。

何だ、海の向こうでも、アマゾン急成長が問題になっているみたいだね。

今年の3月には、アマゾンの株式時価総額が、グーグルを越えて米企業2位になった。

時価総額は、7680億ドル(約81兆円)

何でもそうだと思うけど、急成長って良くないように感じるのは、僕だけ?

きっと、後で何か問題が出てくるんじゃないだろうか。

というか物流業界では、すでに問題になっているのか。

政府が、本当に規制を始めたら、アマゾンVS政府みたいなことになるんだろうか。

何か、最近のアマゾンのニュースを見ていると、グーグルの存在感が、薄く感じてしまう。

結局、物販が強い

フェイスブックとかグーグルとか、IT系の企業は、確かにすごいと思うけど、情報をどうこうっていう会社は、結局、参入コストも小さいから常にライバルを気にしながら走り続けなければいけない。

アマゾンみたいに物流システムを抱えるのは、きっと、コストがかかるだろうから、簡単には、真似出来ない。

もっと、真似出来ないのは、長い時間かけて一つのことをやっている物作りの会社だとは思うけど。

スマホのアプリ課金に500円払うのは嫌だけど、5000円で電化製品買うのは、まあ、仕方ないね、いるしって思える。

電子情報なんて、インターネット探し回れば、お金をかけずに何とかなりそうな気もするしね。

結局、何だかんだ言って、物販は強いわ。

この記事をシェア

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.