Skip to content

文春オンラインの寄稿「情報弱者の貧困層をバカにする人、搾取する人」を読んで思ったこと。

文春オンラインから始まった波紋

今、一つの記事が注目されている。

2019年2月5日に、文春オンラインにて掲載された

「情報弱者の貧困層をバカにする人、搾取する人 – オンラインサロン界隈を眺めていて思うこと」(著者:吉川ばんび氏)

は、現時点、facebookでは1250、Twitterでも8720リツイートされ、大きな反響を呼んでいる。

僕もこの記事を読んでみた。少々辛口だが、総じて素晴らしい内容のコラムだと思う。

ただ、それは、今、流行りのオンラインサロンというものを批判しているからという薄っぺらい理由からではなく、現代のネット社会にリアルな問題提起をしているからだ。

期待と供給の不一致

吉川氏は、この記事の中で、仮想通貨バブルとその崩落、そして、ブログビジネス、オンラインサロンへの勧誘について語っている。

実名を出していないものの、これらは、プロブロガーとして有名なイケダハヤト氏、そして、彼の主催する「脱社畜サロン」に対する批判だということは、事情通ならば、すぐに分かるだろう。

僕は「脱社畜サロン」には、入っていないのでサロンの内容については、どうこう言える立場ではないが、それが、お金を払って入ったところで価格に見合わないという批判なら、退会すればよいだけの話のようにも思える。

それは、単に、入るべき店を間違えた場違いな客だったということなのかもしれない。そして、その客は、ネットの口コミでその店に一つ星をつけて、次のように書き込む。

「カレーを頼んだら、半笑いでカレーはやっていないと言われた」

何かが、噛み合っていない気がする。

ただ、吉川氏の批判は、提供されているコンテンツと価格のバランスではなく、サロンの中で行われている「煽り」について向けられている。そして、その「煽り」が貧困に追い詰められ、判断力を失った人たちにとっては魅力的に見えるのだと。

需要を振り分けることは出来ない

多分、オンラインサロンを運営する側、もしくは、インフルエンサーとして発信する側は、吉川氏の身の回りにあった貧困に苦しむ人たちの「リアル」を想定していない。

彼らも結局はビジネスマンであり、会社に縛られて働きたくない若者とか、人生一発当てて成功したい人、正常な判断力があり、多少の煽りであることを知りながら、それでもお金が欲しいから集まってきた人たちが、自分たちの情報商材を買うのだろうという想定の中で動いている。

そこに、貧困に苦しむ人を惹きつけてしまっているという想定外の構造が生まれている。

いや、その事実は、彼らも黙認済みなのかもしれない。ただ、彼らのターゲット層は、あくまで貧困に苦しむ人ではなく、「脱社畜」という夢を見る若者であり、ターゲットに該当する人と、そうでない人を振り分ける力は彼らには無い。

それは、自然に引き寄せられて集まってしまうものだから。

搾取が現実になるとき

この理屈から言えば、オンラインサロンが、貧困層から搾取を行っていると言う吉川氏の主張は、事実であり、正しいということになる。

上手い儲け話に集まってきた人が、何も得るものなく金だけを取られて終わる。

僕も、アマゾンで購入した書籍が届いてから、自分の思っていた内容ではなかったという体験は幾度かある。アマゾンの高評価レビューに乗せられて買ってしまったのだ。

アマゾンは、ステマ的なレビューによって誤った購入を促していることを知っているはずだ。しかし、レビューをそのまま放置している。

僕は、アマゾンに搾取されたのだろうか?

多分、そうなのだ。

つまり、期待されたものと提供されているものが、不一致であることは、ビジネスの世界ではよくあることだと考える。

吉川氏の主張は、間違いなく真実だろう。そして、ビジネスの世界で、不幸にもそういった搾取現象が起こることも、また事実だ。

どうにか、良い折り合いのつけ方はないものだろうか?

この記事をシェア

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.