Skip to content

ブログに出来て、YouTubeに出来ないこと。ブロガーの未来は?

今、巷で話題の「5G」によって通信速度が劇的に加速し、YouTubeのような動画コンテンツがより快適に見られるようになると言われている。その影で、ブログというメディアが「オワコン化」しているという噂も耳にする。

僕は、ブログを今書いているわけだが、ブロガーならば、そのような耳障りの悪い噂を否定したくもなるだろう。実際、ブログは消滅するまでは無いにしても、本当に廃れつつあるメディアなのだろうか?

動画は転がせない

僕が、ネットブラウジングをしている時、例えば、プログラミングについての情報を探している時にgoogleで検索をするわけだが、ときおり、YouTubeの動画が検索結果に表れる。ただ、僕の場合、動画のクリック率は極めて低い。

なぜかと言えば、そこに4分以上の動画があったとして、それを頭から4分間見て、欲しかった情報を手に入れるというような面倒なことはしたくないからだ。例えば、どこかの技術系ブログに行けば、ページを開いてマウスのミッドボタンを転がし、一分もかからずに必要な情報に辿り着いたりする。もちろん、ページを頭から順番に読んだりはしないし、最後まで読むこともない。

こうした「転がして読む」といった方法が、テキストベースのブログでは可能だが、動画では出来ないのだ。

仮に動画のスライドバーを動かして、ナレーションがそれらしき話題に差し掛かった時に再生するといったことも出来ないわけではないが、スキップ中にナレーションを聞くことも出来ないし、ちょっとスキップしたつもりでも、5分から10分単位で場面が飛んでしまうので、ばっちり必要な箇所で止めることが、なかなか難しい。

こういった場面では、テキストベースのブログに軍配が上がるだろう。あくまで僕の場合は・・・だが。

ブログは手軽に書ける

ブログには、動画コンテンツよりも優れた点がもう一つある。それは制作コストの低さだ。

テキストベースのブログに比べ、動画コンテンツは映像主体なので機材と演者が必要であり、編集作業が必要になる。一度撮った映像をもう一度撮り直すとしたら不可能ではないが、かなり大変だろう。ブログは、ノートPC一つ、記事を書き直したり、付け足したりを容易に出来る。記事を何度も推敲して、ブラシュアップしていくことも可能だ。

ただし、ここには落とし穴がある。制作コストが低いということは参入者が多いということだ。参入者が多ければ、もちろん、自分の記事が日の目を見ることなく埋没する可能性が大きい。ユーチューバーも浮上するのは、なかなか厳しいと言うが、やはり、ブログの方が、より厳しいのは間違いないだろう。

それぞれの役割

また、ブログには動画コンテンツとは別の役割がある。

現在、YouTubeでエンターティメント系のジャンルが盛況なのは、テキストベースのブログでは伝わらない人の動きや表情など「躍動感」が、映像では伝わりやすいという側面があるからだ。

つまり、ブログでも十分伝えられるタイプのジャンル、例えば、学習ノウハウ系や、ライフハックなどの便利情報系は、別に動画でなくてもテキストと画像で伝えることが出来る。ただ、テキストを読むことが苦痛だという人は一定数いるので、そういった人たちのために、読み聞かせをする動画コンテンツは必要かもしれないが、やはり、ブログと動画コンテンツが競合している部分は否めないだろう。

これからのブログは、動画コンテンツとの住み分けが必要なのかもしれない。確かにブログでゲーム実況をするとしたら、それは、メディアの使い方を誤っていると言えるだろう。

しかし、ゲーム攻略に関する情報は動画でやるべきではない。訪問者がただちに求めている情報に辿り着けるのは、やはり、静的なウェブサイトの方だ。

静的なウェブサイトと動画は、明らかに用途が違っている。

「ブログ」というメディアの未来

YouTubeに注目が集まり、ブログがオワコン化しているという話をよく聞くと、ある特定の分野にその傾向が偏っていたりする。

例えば、医療・健康系ブログが、Googleアップデートによって軒並み検索順位を落したとか、最近では、仮想通貨バブルが終わり、仮想通貨系ブログが下火になったとか、その度に「ブログオワコン説」のような話が出てくる。

つまり、特定の分野だけが影響を受けて広告収益が下がっただけの話を、あたかも「ブログ」というメディア全体がオワコン化しているという話にすり替えているのだ。

確かにその分野で収益を得ていたブロガーにとっては、ホームグラウンドが終わりつつあるわけだから、メディア全体がオワコン化しているように見えるのだろう。

もし、ブログが将来消えるとしたら、その時は、人類が文字による情報伝達をやめた時だろう。例えば、テレパシーで会話するとか、人間の脳をハックするとか・・・

紙媒体の新聞というのは読まなくなったが、結局、僕たちは新聞を読んでいるのだ。ネットニュースという形で。それは、ブログをパソコンで見ていた時代から、スマホで見る時代になったというのと変わらない。

この記事をシェア

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.