Skip to content

「ギブ&テイク」は幻想かもしれない

polca の衝撃

2017年8月、西野亮廣氏が、五反田まで帰る電車賃300円をクラウドファンディングサービス「polca」で集めるという企画を立ち上げ、結果、14万円の支援金が寄せられたという。

西野氏は、クラウドファンディングは「信用を換金する装置」と言う。多分、彼は、本当に電車賃を奢ってもらうために、この企画を考えついたわけではなく、クラウドファンディングの凄さを実験したんだろう。

世の中にギブをし続けることで、それが信用として積み重なり、クラウドファンディングでお金として返ってくる。             

本当にそうだろうか?

クラウドファンディングって結局は・・

「お金が集まったのは、芸能人としての知名度があったからだ」という反論に対し、西野氏は、実際にクラウドファンディングで資金調達に失敗した有名人の例を挙げ、次ようなことも言っていた。芸能人は仕事のために嘘をつかなければならないから、結果、信用されない。信用度と知名度は違うと。

ただ、次のような見方も出来る。有名な女優さんが、化粧品のCMをしているとして、その商品は、有名人の好感度によって売れる。

有名人が出演料を貰い、CMという形で商品を紹介し、それを見た人は、その商品を買う。クラウドファンディングは、誰かが商品を作りたいから、支援金を集める。商品が出来ればそれを支援者に還元する。

こう考えたらどうだろう?支援者は、商品を予約購入しているのだと。つまり、商品がすぐに手に入るのか、後から手に入るのかの違い。

支援者は、結局、買っているのだ。何かを。

無償の寄付

例えば、次のような見方もあるかもしれない。いつも世話になっているあの人が、polcaで支援金を募っているから、寄付してあげよう。

これは、単に「後払い」だ。

正確には、返す義務の無い後払い。恩とは、ある意味、暗黙のうちに取り交わされた借用書のようなものだ。つまり、テイクとギブのタイミングが前後するか、そして、支払い義務が生じるか生じないかという違いに過ぎない。

クラウドファンディングに対する支援は、遠く貧しい国の子供を支援するためにユニセフのインターネット募金をするのとは、やはり、感覚が違う。こちらは、テイクは完全に期待されていない。自分の送ったお金が、一体、何に使われたのかも分からない。

そういった意味では、クラウドファンディングは、寄付というのとは、ちょっと違う気がする。

資本主義の中で

「恩返し」と聞けば美しいが、実際は、商品をタダで受け取った人が後払いをしているだけだと考えると、それほどいい話に聞こえない。「恩」とか「感動」という極めて人間的なものですら、クラウドファンディングという仕組みによって、資本主義にからめとられてしまったと考えると、何だか虚しくも感じる。

僕は思う。

与える人であり続ければ、信用が積み重なり、ある瞬間、リターンがやってくる。いや、リターンを期待して人々にギブすること自体が誤りだ。真のギバーになれば、結果はついてくる・・・という見方には、少し、距離を置きたい。考えとしては、一見、美しく見えるが、世の中それほど単純でないのも確かだ。

2007年、RADIOHEADという英国のロックバンドが新作アルバムをリリースする際に、価格を購入者が自由に決められるという大胆な戦略を取った。結果、公式サイトにアクセスした人は120万人。そのうちの62%が無料ダウンロードだったという。38%の人はお金を払ったが、そのうちの17%が1セント~4ドルで購入。CDの小売価格は12〜15ドル、iTunesストアでは、大半のアルバムは9.99ドルで販売されている。

世界規模では、ギバーが、必ずしも成功するとは限らない。小さなコミュニティの中でなら、polcaのような方法で資金調達は可能かもしれないが、結局、近所付き合いの範囲だ。後は、どれだけの人数とコミュニケーションを取れるのかという問題になる。

今に始まったことじゃない

西野氏がクラウドファンディングで資金調達に成功する理由は、彼がSNSやイベントを通して、多くの人と積極的に関わり、人脈を作ってきた結果なのだろう。彼が、それを「信用」というなら、そうなのだろう。

ただ、ギブとテイクの比率がどうとか、ギバーであり続けることが成功の鍵だとか、「ギブ&テイク」という型にはめて、成功の図式を理解しようとする風潮は、返って固定観念にもなりうる。

起こっていることは、凄く単純だ。よいコンテンツがあり、それを知る機会を作り、正当な対価で提供する。別に新しいことでも何でもなく、昔から、資本主義はそうだった。

インターネットによって複雑化しているように見えるが、人は結局、同じことをしている・・そんな気がする。

この記事をシェア

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.