Skip to content

「憧れフォロー」と「フォロー」は区別すべき?

Twitter界隈でよく見られるのが「憧れフォロー」という現象だ。( 単に僕がそう呼んでいるだけだが )

それはどういうものかと言うと、例えば、とあるイラストレーターのフォロワーが1万人いるとする。

そのフォロワーの大半は、イラストレーター志望の若者だったりするわけだ。つまり、その人みたいになりたくてフォローしているという状態を「憧れフォロー」と呼んでいる。

さて、これの何が問題だというのか?

リバースエンジニアリング

例えば、僕が有名ブロガーのTwitterアカウントをフォローしたとする。( 実際に何人かそういう人がいるが )この場合、僕は、ブロガーとして成功している実績を買ってフォローしているわけだ。

「この人は、どうやってこんなにアクセスを集めているのだろう?」「この人はどうやって記事のタイトルを決めているのだろう?」というような疑問から勉強させて頂くつもりでフォローしている。

はっきり言ってしまえば、その人の記事の内容など読まないし、どうでもよいのだ。仮に読んだとしても「ああ、なるほど、こんな感じで記事かいてるんだ」という読み方しかしない。

お笑い芸人が、舞台袖で他の芸人の漫才を観察している感覚に似ているかもしれない。技術として評価し「面白い」とは言うが、それは芸人から見た「面白い」であって、客としてゲラゲラ笑うというのとは違う。

僕が言いたいのは、こういった同業者目線のフォローは、純粋なファンと呼べるか? という疑問だ。

とある電子機器メーカーが、ライバル社の製品を大量に買い込んで、会社に持ち帰ってリバースエンジニアリングする。製品を正規購入したとはいえ、これは、” 顧客 ” とは呼べないだろう、という話だ。

フォロワーが見ているもの

冒頭のフォロワーが一万人いるイラストレーターの例で言うなら、その人にお金を払ってイラストを書いて欲しいという人は、どれぐらいいるだろう?

フォロワーの中には、憧れであり、熱烈なファンであるという人も、もちろんいるだろう。

しかし、「フォロワーが一万人もいるんだって」「なんだか凄そう」「とりあえずフォローしとくか」という意味でフォローしている人を差し引いた上で、本当にそのイラストレーターの作品を評価している人はどれぐらいいるだろう?

もし、そのイラストレーターが、イラストレーターになりたい人向けに指南書を出版したならば、それは売れるだろう。

しかし、自身の作品を画集として出版したら、どれぐらいの人がそれを買うだろう?

もちろん、リバースエンジニアリング目的以外で純粋にそのイラストが好きだからという理由で買う人だが。

ある意味、指南書の方がバカ売れしたなら、そのイラストレーターの作品自体はフォロワーに評価されていると言えるのだろうか?

いっそのこと、フォロワーは二種類に分けた方がいいのかもしれない。

この記事をシェア

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.